三重県鳥羽市にある、真珠のお買い物から食事まで楽しめる複合施設。伊勢・志摩・鳥羽のグルメ、お土産なら鳥羽1番街。

伊勢、志摩、鳥羽のグルメ・お土産なら鳥羽1番街

営業日・イベントカレンダー

お問い合わせ

アクセスマップ

平日9:00~17:00
土日祝9:00~17:30
Share (facebook)

観光

鳥羽の離島巡り 少し離れた離島には、あなたの知らない魅力がいっぱい。鳥羽マリンターミナルより渡れる鳥羽の離島は4島。それぞれの島に個性と魅力 が詰まっています。

神島 小説「潮騒」の舞台にもなった、恋人の聖地

神島へのアクセス

鳥羽港から北東約14kmに位置する、人口約400人の小さな島。1日4便の市営定期船が通っており、鳥羽マリンターミナルから直通で約35分。
作家・三島由紀夫が書いた小説「潮騒」の舞台として知られるこの島は、小説に登場する神島灯台や監的哨(かんてきしょう)跡が人気の観光スポット。アサギマダラ(チョウ)やタカの渡りなど、豊かな自然を目的に島を訪れる観光客も多いです。恋人の聖地としても登録されている神島。ふたりでゆっくりとした時間を過ごすには最適の場所です。

日本三海門である伊良湖水道の安全な航行のため、明治43年に建てられた灯台。島の北東部に位置しており、海抜100mの展望台からは正面に伊良湖水道、左手に伊勢湾、右手に太平洋を望む絶景を眺めることができます。
・市営定期船乗り場から徒歩約30分。

三島由紀夫の小説「潮騒」にも登場する食材。年中獲れますが、初夏から夏にかけてと、秋から冬にかけての年2回最盛期を迎えます。伊勢えびを食べて育つというタコの身は絶品で、どんな調理法にも適しています。神島では主に炊き込みご飯などにして食べるようです。

菅島 海女の文化が色濃く残る島

菅島へのアクセス

鳥羽港から東に約3km離れた位置にある、人口約650人の島。鳥羽マリンターミナルから直通約15分で到着し、鳥羽の有人離島4島の中で答志島についで大きい島です。
海女文化を代表する祭礼である「しろんご祭り」や、現存する日本最古の円形レンガ造りの洋式灯台である菅島灯台など、多くの見所がある島です。海女漁のシーズンには、耳をすませば海女笛の音がどこからともなく聞こえてくる、そんな情緒あふれる島です。

鳥羽の離島の中では最高峰の標高237mの山。定期船の港から歩いて1時間半ほどで到着する山頂付近からは、鳥羽市街や鳥羽湾の島々、志摩半島などが一望できます。
・市営定期船乗り場から徒歩約1時間30分。

しろんご祭りの奉納物でもあるアワビ。鳥羽のアワビはアラメやワカメなど良質の海藻を食べているので特に美味しいといわれています。この地方では、妊娠中につがいアワビを食べると瞳のきれいな子が生まれるという言い伝えもあります。

答志島 歴史ロマンを感じる島

答志島へのアクセス

鳥羽港から北東に約2.5km離れた位置にある、人口約2400人が住む伊勢湾最大の島。鳥羽マリンターミナルから直通で約12~35分です。(到着する港によって異なります)
縄文時代や弥生時代の遺跡があり、古代には志摩国答志郡の役所も置かれるなど、歴史と文化が色濃く残っています。人懐っこい人が多いので、積極的にあいさつをして仲良くなれば、観光ガイドブックには載っていない情報を聞けるかもしれません。

島中央、美多羅志神社(みたらしじんじゃ)の境内にある高さ15m、樹齢100年以上の椎の木。木の折れ曲がった形が龍の形をしていることを島民が発見し、それ以来島の内外の人の信仰を集めています。
・市営定期船乗り場(和具漁港)から徒歩約20分。

全国5位の養殖ワカメ類生産高を誇る三重県。生産の99%を担うのが鳥羽市です。年末年始にかけて獲れる天然の若いワカメはしゃぶしゃぶで、2月から春にかけての養殖わかめは酢の物やお味噌汁などで食べると絶品です。

坂手島 手軽に離島の旅が楽しめる島

坂手島へのアクセス

鳥羽港の対岸約600mの位置にある、人口約400人が住む島。東西約2km、南北約1kmの小さな島で、鳥羽マリンターミナルからわずか約10分で渡ることができます。
かつては伊勢神宮の御厨で、伊勢神宮に奉納されるカツオやブリ、タイなどを獲っていた漁師が多く住んでいました。本土に近いため、鳥羽市街の見晴らしも楽しめる、鳥羽湾の絶景スポットになっています。

浅間山の中腹にあるアヤメ池。カキツバタの花が5月中旬~6月初旬にかけて色鮮やかな紫色の花を咲かせます。鳥羽市の天然記念物にも指定されており、島の風物詩として多くの人々を魅了しています。
・市営定期船乗り場から約20分。

坂手島の名物は、乾燥ワカメをいったん水で戻して味噌や少し甘めのしょうゆで和えて再び乾燥させた「味付けワカメ」。パリポリとした食感と、磯の風味が特徴です。

離島へのアクセスマップ
各島への所要時間
鳥羽市営定期船時刻表

鳥羽マリンターミナル

2011年4月1日に新ターミナルが完成しました。鳥羽の玄関口であり、鳥羽市営定期船や鳥羽湾めぐりの観光船が発着します。外観は真珠のネックレスをイメージした曲線のデザインとなっており、建物内部にはホールや海が眺められるデッキもあります。

住所 鳥羽1丁目2383番地51
TEL 0599-25-4800
FAX 0599-25-4801
休業日 年中無休
営業時間 午前6時40分~午後8時20分まで
アクセス 鳥羽1番街から徒歩7分
駐車場 佐田浜第一駐車場
駐車台数 300台
駐車料金 全日1時間以内駐車 無料
メモ 有料貸室(会議室、交流ホール、交流ラウンジ)、有料貸地(屋外交流広場、イベントスペース)、隣接緑地公園4,300平方メートル(三重県施設)

ページの先頭へ

団体予約はこちら